作り手と使う人を作品を通して繋げ、モノ作りの循環を創っていきたい。
こんな思いでスタートしたのがKAMIKURUです。